宝塚のプロ達


福井 覚治


島田 幸作


大迫 たつ子


山口 喜美恵


安井 純子

福井 覚治(1926〜1929)

大正9年プロになりプロの開祖といわれている。昭和元年の関西オープンに優勝。
弟子に浅田、越道、宮本、前田等のプロがいる。

村木 章(1926〜1985)

福井覚治プロの甥、昭和5年日本プロ、12年関西オープン、同年関西プロに優勝、又昭和7年には日本オープン2位になるなど多くの入賞を果たすとともに、海外遠征の日本代表選手として活躍した。

大西 義男(1929〜****)

寺本 善吉(1930〜****)

藤本 広市(1935〜****)

福井 正一(1945〜****)

古賀 春之輔(1951〜1988)

選手としては昭和10年関西オープン2位、同12年3位の戦績があるが、日本プロ協会副会長、関西プロ協会会長を務めると共に関西のプロ達を数多く育てる。関西プロゴルフ界の隆盛に寄与した功労者

上田 悌造(1953〜****)

後、西宮カントリー倶楽部に移る

増元 弘(1957〜1976)

ヘッドプロとして宝塚ゴルフ倶楽部の会員、泉谷珠子、清元登子、石原公子等多くのアマチュアを育てた。

島田 幸作(1964〜2008)

昭和43年の日本プロ、51年の日本オープン、48/49/52年の関西プロ、45年の関西オープンの四大競技の優勝を初め数多く優勝した。日本プロゴルフツアー機構(JGTO)初代会長。

高橋 守(****〜****)

後、飛鳥CCに移る

清原 泰夫(****〜****)

後、吹田Gセンターに移る

竹内 良一(****〜****)

上田 健次(1969〜1971)

後、福岡国際に移る現在神崎川ゴルフクラブ

斉藤 真之祐(****〜****)

後、グリーンアイランドクラブに移る

井内 徹(****〜****)

坂本 美代子(****〜****)

大迫 たつ子(1971〜1977)

昭和50年日本女子プロ東西対抗個人優勝、松島国際女子オープン優勝、美津濃に移籍後も
日本女子プロ、日本女子オープン、レディボーデンに優勝するなど大活躍している。

寺田 寿(1975〜1976)

後、青山台GCに移る

島田 幸治(1975〜1977)

後、東播CCに移る

松井 一(****〜****)

後、玉手山Gプラザに移る

山口 喜美恵(1977〜1981)

後、丸永梱包鰍ノ移る現在潟Pイバブック所属

渡名喜 均(1981〜1987)

後、伏尾GCに移り、現在同クラブ所属

若浦 みどり(1981〜1985)

現在ザ・サイプレスゴルフクラブ所属

安井 純子(1984〜2009)

昭和63年のフジサンケイレディスで初優勝。LPGAトーナメント通算15勝をあげている。現在フリー

金田 秀龍(1988〜1990)

後、J&Pカントリークラブに移り、現在フリー

松木 徳生(1990〜

現在宝塚ゴルフ倶楽部のプロとして活躍中

柴田 綾子(1992〜1999)

現在フリー

石丸 昌史(2002〜2007)

現在フリー

田中 亜依(2003〜2009)

現在フリー

古田 裕美子(2004〜

現在宝塚ゴルフ倶楽部のプロとして活躍中

 

渡名喜 翔(2017〜

現在宝塚ゴルフ倶楽部のプロとして活躍中